夏だからこそ嬉しいノベルティを作ろう|宣伝効果が高くなる

カラーチャート
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品や企業の宣伝のため

印刷

さりげなく目立つこと

本来の定義だと珍しい事象や物であるノベルティという言葉は、最近では企業が自社の商品の宣伝のために作った記念品を指しています。自社や商品の広告として利用するので、ノベルティには企業名や企業を表すロゴがあしらわれているのです。宣伝が目的の広告ですので、目立つことが求められますが、いかにもノベルティらしく目立つのは歓迎されません。長期間に渡って使ってもらいたいと考えるのなら、さりげなく目立つことが必須になるのです。相反するような条件ともいえますが、ここをクリアした商品は多くの年齢層に受け入れられる優秀なノベルティとなるでしょう。長期間に渡って使ってもらうには、日常的に使える品物を選択することです。長く使ってもらえば、それだけ商品名や企業名が覚えてもらえます。

季節を反映した役立つもの

一口にノベルティといっても、多種多様な種類の中から何を選んだらベストであるのかという問題があります。特に季節が夏ということであれば、そのノベルティは季節を反映したものがよいでしょう。一般的に記念品ということで、形に残る物をと考える場合もありますが、その考えは一度忘れましょう。どちらかというと、形がしっかりとした高級志向の物よりも、夏場は気軽に使える品物の方がお勧めです。夏場は他の季節よりも、人は行動的になり外での活動量が増えます。外でも使える品物を大勢の人がいる場で使ってもらえれば、それは良い宣伝となり、本来の役目を果たしてくれることでしょう。例えば団扇や扇子といった涼を提供してくれるグッズは、夏場の必需品として重宝される品物です。水場が遠い野外活動に役立つウエットティッシュなども、お勧めのグッズになります。

アイデアを出す

印刷

販促活動の一環などで、オリジナルグッズを作成する場合がある。これらを作成する場合には、どのようなものを作成するかのアイデアが重要である。アイデアは社内で募集する他、良いものが無い場合には業者を活用すると効果的である。

読んでみよう

オリジナルの在庫を確保

OPP袋

名入れのOPP袋を活用すると効率的に宣伝広告を行えるだけでなく、仕事の効率化も実現できるため、在庫を確保しておくのが企業にとって大切です。専門業者に印刷を依頼すれば低コストで簡便にオリジナルのものを確保できます。

読んでみよう

企業イメージとの調和

グッズ

一目で見て印象に残るノベルティを制作するのが販促効果を上げるのに重要です。企業イメージを調和させられるように企業の色を決めて一貫して使用すると、効果的なアピールを行うことができることから人気があります。

読んでみよう